がん保険が必要な理由

健康という言葉は、誰もが願っていることですが、健康というたった二文字を達成することも、私達には努力が必要であることを、既に多くの経験から実感しているかもしれません。確かに健康でいることは良いことですが、そもそもそれを達成するためには、私達が私達自身の体について、よく知っている必要があり、その体に合わせた生活を送る必要があるということです。ですから、どれだけ健康に気を遣っていたとしても、まったく予期し得ない時に、何らかの病気に罹ってしまう可能性は、誰もが否定することはできません。

確かに、健康的な生活を送っていることによって、それらのリスクを最小限にまで減らすことは可能かもしれません。しかし、だからといってリスクが0になるわけではありません。私達はリスクがどれだけ少ない生活を心掛けているとしても、何が起こっても良いような、準備を生活のうちでしておく必要がある、と言えます。

その準備とは、単に病気になった時のために覚悟を決めておく、と言うことではありません。もしそうなってしまった時のために、『より良い治療が出来るように準備しておく』ということです。私達がそれについて出来ることは、いわゆるお金の準備をしておくことです。といっても、何も目標無しに貯金するのは難しいでしょう。そこで、そういったときのために効果的な保険に加入することができます。特に日本人の死亡率で高いがんになったときのために、がん保険に加入することができるかもしれません。