リスクを考えての保険

「がん」という言葉を聞くと、ある時代にまでは不治の病という意識が共通意識として持たれていました。果たして現代において、それは払拭されたでしょうか。いいえ、未だに多くの人に取ってがんは難しい病気であり、医療の進歩が進んできたにもかかわらず、死とは深い関係がある病、としての認識が持たれています。

そうです、未だに『完治する』ことが確立されていない病気だからこそ、もし自分が掛かってしまったときに発生しうるリスクを考えて、保険に加入しておくことができるのです。これは、保険に加入しなければならない、と言っているのではなく、『ベストな保険』に加入する必要がある、という点を言っています。

ただ単になんらかの保険に適当に加入したとしても、私達は毎月保険料を支払っているわけですから、それが必要以上の投資になってしまっている可能性があります。できれば将来、それを活用する機会があったとしてもより多くのメリットを得られる保険に加入する必要があります。

病気に罹らないという保障をされている人は一人もいません。私達に平等にそのリスクがあるからこそ、そこから目を背けるのでは無く、保険に加入すること、見直すことなど、自分たちにできることを行うことは大切です。